100W以上のハイパワーコネクタ、ファイバー先端の平面、角度指定の円錐研磨など、工業、医療、FA、分析分野に注力しております。

光コネクタの性能

光コネクタの性能

光コネクタでは光ファイバーの軸ずれを防止するために高い加工精度と
確実な結合に最大の注意がはらわれます。

光コネクタの原理は非常に単純でありでフェルールに光ファイパをしっかりと固定し外周面と スリーブの内周面ががすり合されて光ファイバーの先端同士が互いに突き合うように
構成されています。

また光ファイバーと受・発光素子を接続する光コネクタの場合もスリーブの中心に光紬を一致させて固着した受・発光素子に スリーブをガイドにしてフェルールを挿入うすることで光ファイバー素子の光軸を一致させます。

光ファイバ同士の持続を考えるとき光ファイバコア内伝播する光をいかに効率よく相手方のファイバ”- コア内に導くかということが問題となります。

したがって光ファイバコア径とクラッド径が重要なファクタとなり光コネクタの性能はコア系とクラッド径の軸ずれをどこまで抑えれれるかにより決まります。

光ファイパの種類によってコア径およびクラッド径が大きく異なる。
石英光ファイバの場合、コア径がが50μm以下と極端に細いため光コネクタに要求される精度サブミクロンのオーダです。
光コネクタの標準化は石英光ファイバ用としてNTTを中心に進められており代表的なものに
FC形コネクタがあります。FC形光コネクタは公衆回線への使用を目的に開発されたものであり、石英系光ファイバ用コネクタはこのFC形光コネクタを基準にし個々のバリエーションがあります。

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社カルテック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.